サブテーマ@
出会い系サイト規制法

皆もよく耳にしているはずの【出会い系サイト規制法】に関してだけど、 まずこれは俗称であって、
正式名称は、
【インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律】
という。
この法律の内容は、
18才未満の少年少女を出会いの対象・性行為の対象とした書き込み・募集を行うことを禁止する、
というもの。
当然、金銭などの授受を含む援助交際も禁止されている。

実際にこのような違反をして逮捕者が出たというニュースが時々あるよね。
この法律においては、18歳未満の女の子の側から援助交際を誘った場合は女の子も逮捕されるって定められてるけど、実際には見逃されていて、男ばかりが逮捕されてる気がする。(あくまで俺の予想)

んで、そもそも18才未満の少年少女を保護する目的で2003年に制定された法律だけど、その後も少年少女が出会い系を使っての事件が減らないということで2009年2月から改正法が施行された。
内容は、
出会い系サイトの利用者が18才以上であることの確認を厳格にする、
というもの。
具体的には、出会い系サイトに登録した後、実際に掲示板などを使うためには身分証明書を写メールしたものをサイト運営者に提出しなければならない。FAX送信で良いところもある。クレジットカード利用で代用できるところもある。
俺は最初、出会い系に対して運転免許証の写メを提出するなんて嫌だった。だって、超重要な個人情報だからね。そう思ったのは俺だけじゃないだろう。だから正直、『出会い系の時代は終わったな』と思った。
でも実際、運転免許証や健康保険証などの身分証を提出する時、
必要なのは@生年月日A身分証の種類B発行元
この3点が書かれている部分だけを写して提出すれば良いのだ。つまり、氏名や住所や顔写真の部分は隠してOKということだ。
これで俺は安心して出会い系を使ってるんだけど、
さて、この法律改正に意味があるのか?ということである。
18才未満が登録できないようにするために身分証の提示を義務付けたはずなのに、@生年月日A身分証の種類B発行元 だけを見るのだから、結局こういう写メールが出回って18才未満の少年少女が入手し、それを自分の物と偽ってサイト側に提出する可能性もあるわけだよ。
また事件が起きてさらに法律が厳しくなったりするのは勘弁してほしいものだ。。

[←戻る]